大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】

みすず学苑

「怒涛の英語力」を掲げる予備校、みすず学苑の評判を調査。大学受験の英語対策カリキュラムについても解説しています。

みすず学苑で大学受験の英語対策はカンペキ?口コミ・評判集

先生が一人ひとりをちゃんと見ていてくれる予備校です。私に合った記述式の問題まで作っていただきました。苦手な小論文などは1問を10回以上添削してくれたこともあり、生徒の弱点を徹底的に強化してくれるやり方はスゴイと思います。

少人数だから授業をさぼるなんて絶対できないです。見られてないとやる気が出ない自分にはぴったりの環境でした。上智大学の合格の決め手は英語の暗記テストでした。小テストを細かく繰り返すみすず方式で、英単語・熟語の暗記の絶対数を飛躍的に伸ばすことができました。

偏差値は40台、勉強は試験前のみといった息子でしたがみすず学苑に入ったら変わりました。息子のレベルに合わせて毎日宿題を出してくれたおかげで、いつの間にか毎日机に向かって勉強するようになっていて驚きました。さすがは受験指導のプロですね。偏差値40くらいの子供に合わせて宿題を出してくれて、とことん先生が付き合ってくれる予備校なんてなかなかないと思います。

とにかく英語が苦手でした。そんな僕にとって「コマンドテスト」と「口頭テスト」は最高のプログラムだったと思います。単語、熟語が面白いほど頭に入っていくのです。この素晴らしいシステムのおかげで英語を克服することができました。

欠席すると欠席連絡メールが親の携帯に送られてきます。共働きの親には安心できるシステムですね。みすずのシステムに沿ってやっていくことで、勉強の習慣がついていくのが手に取るように分かりました。

厳しいと評判のみすずの膨大な小テストですが、繰り返すうちにある段階から英語が急に楽しくなってきました。受験英語に必須の地道な勉強を生徒が自然にできるようにしてくれるのが、この予備校の凄いところだと思います。そして最後の最後に苦手だった英語の長文がぐんと伸びました。地道な復習と暗記が一気に化学反応を起こしたようでした。50台前半だった偏差値が70近くまで伸びて、夢見ていた早稲田大学に合格できて本当にうれしいです。

コマンドテストはどこにもない優れものです。毎週、単語と熟語と構文力を確実にトレーニングできるのです。たとえるなら脳の筋トレ。これは自分だけじゃ絶対にできないものだと思います。定着力は半端なかったです。

みすず学苑は何位?大学受験の英語対策で頼れる予備校ランキング

大学受験を制する「怒涛の英語力」を養う予備校

みすず学苑“怒涛の英語力”というコピーで有名なみすず学苑。

「どんな生徒でも預かった以上は志望校合格まで持っていく」ことをモットーに、何が何でも受験に必要な勉強量を勉強させてくれる熱血系の予備校です。

英語学習の肝となる「単語・熟語・構文の絶対暗記」、「速読即解力」、「論理的分析力」を養うために、37年のノウハウをいかした独自の指導法を実践

1年間で1000題、音読学習、5000語の暗記をマスターすることを、追試付の膨大な小テスト等を取り入れた授業で目指していきます。

そして生徒一人ひとりへのフォローにも力を注いでいます。毎週行われるプロ講師による“カレッジ個別授業”では、勉強の進み具合をチェックし、一週間ごとに学校行事や部活状況などを確認。生徒と相談しながら次の1週間の学習プランを立ててくれます

約20名の少人数クラス制度、学力別クラス編成を採用しているので、きめ細かく指導を受けられるのも魅力です。

「難関大学合格主義」を掲げ、実際に東大・東京理科大・早稲田・早慶など、難関大への進学率が93.19%という実績にも注目。偏差値40~50からの早稲田・慶応など難関大への合格者が多いのもみすず学苑の特徴といえるでしょう。

 
大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】