大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】

東進ハイスクール

人気講師が多く在籍する大学受験予備校、東進ハイスクールの口コミ・評判を調査。英語の授業内容についても解説しています。

東進ハイスクールで大学受験の英語はカンペキ?口コミ・評判集

自分のレベルに合わせてたくさんのカリキュラムを選べるのは、大手予備校ならではだと思います。ユニークな講師の方も多く刺激を受けます。ただ映像授業は一方通行なので好みが分かれるかもしれません。

映像授業はビデオで授業を聞き、同時進行でテキストを使用して学習します。私はCMでも有名な講師の授業を受けることができず、ちょっと残念でした。

担任の先生は学生のアルバイトでしたが、親身になって話を聞いていただき精神的にも支えられました。進学希望の大学に通っていた先生の友達を紹介して話を聞く機会まで設けてくれて感激しました。

自在にカスタマイズできる授業

東進ハイスクール東進ハイスクールの特徴は、豊富な実績から生まれた現役合格を目指すための学習システムです。

例えば、映像による授業を駆使した勉強法「高速学習」。実力派の講師による人気の授業を映像で自宅でも受けられます。さらに授業の音声が音飛びしない状態で1.4倍のスピード再生できるため、時間を効率よく使えます。

また講座は入門から東大クラスまで、12のレベルが用意されています。講座の数は映像授業も合わせるとなんと1万以上になるそうです。

クラスは科目別レベル別に分かれており、自分の実力に合った講座を選べるのは魅力。「確認テスト」や「講座修了判定テスト」で、勉強の成果を定期的に確認できるシステムになっています。

東進で特筆すべきは部活生特別コースです。7限(20:00~21:30)など、部活動の予定に合わせて柔軟に講座を設定できます。その上部活のシーズンオフに集中講座を受けることもできます。

東進ハイスクールでは、難関大現役合格者の約8割が部活と両立しているそうです。部活も勉強も手を抜きたくない方にも向いている予備校です。

 
大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】