大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】
HOME » 英語の受験対策・入試対策トラの巻

英語の受験対策・入試対策トラの巻

英語を制する者は大学受験を制する!大学入試に備えた英語学習の心得を解説しています。

大学受験の英語対策で重要なことは?

大学受験の英語対策で大事なことは?受験勉強でますやるべきこと。それは入試までの学習プランを立てることです。センター試験、大学ごとの受験日をゴールに、模擬試験や夏休みなども意識して、年間の学習計画を立てましょう。

特に基礎が重要な英語は、計画的に学習を進めないといけません。単語や文法などの基礎固めはできるだけ早くから行いましょう。

しかし「計画はしっかり立てたけど、全然予定通りに進まない」、「なかなかやる気が出ない」という人も少なくありません。そんな時は勉強部屋を見回して、勉強に集中できる環境かチェックしてみましょう。

例えば机のまわりに漫画やゲームなどないか、ラジオやテレビなどないか確認しましょう。集中力を高めるためには、部屋には勉強に必要なものだけを置くのがベストです。

また、モチベーションを維持するためにやる気を起こすアイテムや掲示物を用意するのも手です。それでも気分が乗らない日は、最低限やるべきことを決めて、後は自由にするなど、無理しすぎないことも大切です。

せっかく一日中勉強できても、内容が定着していないと意味がありません。実力を磨くには、「学習の定着度」を意識しないといけません。量をこなすより同じ問題や問題集を徹底的に繰り返す方がおすすめです。浅く広くより、一つのことを深く学ぶ方が結果的に得点につながりやすくなるのです。

プロの力を借りて実力を伸ばす

しかしこれらのことを全て自分でこなすには、相当の努力が求められます。勉強方法を失敗して時間を無駄にすることは極力避けたいものです。

家での勉強に自信がない人は、予備校に通うという選択肢もあります。同じ目標を持つ仲間が常にいるため、緊張感のある雰囲気の中で勉強できます。

予備校の自習室は勉強するための無駄のない空間なので、家で勉強がなかなかできない人にも向いています。また、プロの講師やチューターが自分の苦手な部分を把握して、効果的な学習プランをアドバイスしてくれるのも、大きな魅力です。

思うように勉強が進まないいと感じたら、早いうちから予備校に通うことも検討してみましょう。

 
大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】