大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】

定着度を知る

大学受験や入試に間に合うよう英語をマスターする勉強法とは?合格できる学力を身に着けるためのポイントを解説ています。

学習内容を「定着」させる大学受験の英語学習法

いくら勉強をがむしゃらに頑張っても、実力として身につかなければ意味はありません。 学習した内容をどれだけ「定着」させられたかが、実力の差となって表れるのです。

そのためには自分の勉強内容がしっかり定着しているか、常に意識しておくことが重要です。次に定着度を高めるためのポイントについてまとめてみました

同じ問題を繰り返す

多くの問題をこなすより、一つの問題を徹底的に繰り返すことがポイントです。理解のないまま数をこなすより、繰り返してパターンを覚えることの方が結果的に高得点につながりやすいのです。

問題集を決める

色々な問題集に手を出すより、数を絞って徹底的にやりこむ方が定着度もアップします。

理解すること

ただ繰り返すだけでなく、その問題を「理解していること」が一番重要です。問題の解き方をしっかり分析して、根本から理解できることを目指しましょう。

プロに学習内容を見直してもらおう

学習の定着率を効果的に高めるには、予備校でプロに指導してもらうことがベストです。特に受験までの時間が限られている中、少しでも効率よく勉強を進めていくためには遠回りはできません。

予備校では一人ひとりの学力面での弱点を把握して、講師やチューターなどが勉強の計画を練ってくれます。プロの視点で、確実に弱点を克服していけます。

 
大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】