大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】
HOME » 英語の受験対策・入試対策トラの巻 » 集中して勉強できる環境を整える

集中して勉強できる環境を整える

集中して大学受験・入試の英語対策に取り組める環境とは?集中力を途切れさせずに勉強できる環境について解説しています。

英語の受験対策に集中できる環境を整えるには

「やる気はあるけど勉強がなかなか始められない」、「気がつくと漫画を読んでしまう」。そんな悩みを抱えている方は実に多くいます。

その原因の一つは、勉強部屋にあるかもしれません。部屋に漫画やゲームなど、勉強に関係ないものはありませんか?または散らかっていて集中しにくい環境ではありませんか?

まずは部屋を整理して、勉強に関係ないものは極力置かないようにしましょう。難しい場合は机の上だけでも構いません。

人によりますが、「ながら勉強」はあまりおすすめできません。できればテレビや音楽、ラジオは消して、勉強のみに集中できる空間を作り上げましょう。

勉強する空間とくつろぐ空間をはっきり分けた方が集中できます。

予備校の自習室を利用しよう

どうしても自宅で勉強ができない場合は、予備校の自習室を活用してみましょう。

自習室は大抵の予備校に用意されており、予備校が開いている間ずっと利用できます。自習なので勉強する内容は自由です。

図書館などの公共機関にも自習室が設けられていることもありますが、予備校の自習室は必死に勉強している生徒ばかりなので緊張感が違います。

ほかの人が勉強する姿を見て刺激を受けます。もちろん漫画やテレビなどもない静かな空間なのでしっかり集中できます。

予備校によっては自習室に講師がいることもあるので、疑問点をすぐに質問できるのもメリットです。

もちろん、他の人がいない自宅の方が集中できる、という人もいるでしょう。ただ、入試本番は多くの生徒がいる中で集中力を発揮しなければいけません。

大勢の人がいる環境で集中するというトレーニングの意味でも、予備校の自習室はおすすめです。

 
大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】