大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】
HOME » 英語の受験対策・入試対策トラの巻 » 必勝の学習プランを立てる

必勝の学習プランを立てる

英語学習の基本といえる、大学受験や入試に備えた学習プランの立て方について解説しています。

大学受験の英語対策は学習計画から

英語の受験対策・試験対策でまずやるべきこと、「学習プラン」の立て方について解説します。

大学受験は限られた時間をどう活用するかが重要なポイントです。センター試験などの受験日までの期間を有効に使うために、まずは自分に合った学習プランを立てましょう。

特に基礎固めが重要な英語の学習は、計画性が求められます。まずは文法の基礎をしっかり身に着けて、文の構造を理解できるようになることです。

それから単語や熟語を暗記していき、語彙力をつけていきます。短めの英文を正しく読むトレーニングから始め、少しづつ長い英文にチャレンジしていくことがポイントです。

時間対効果を最大限に引き出す計画を

では具体的にどのように学習プランを立てたらよいのでしょう。まずは自分のできること、できないことを整理して、必要な学習内容を明らかにしましょう。

次に受験までの年単位の長期の計画を立てます。それから1~3ヶ月の短期の計画に落とし込んでいきます。無理のある計画だと長続きしないので、8割できればokといった感じでゆとりを持たせることが大切です。

そして可能ならば、毎日何を何時間勉強して、どうだったか記録していきましょう。進捗状況を記録することで、プランが自分に合っているか分析しやすくなります。

【英語の学習プラン例】

  • 4月 やるべきことの整理
  • 5月 文法、読解の基本をマスターする
  • 夏休み 読解問題の練習、単語・熟語の基礎固め
  • 9月 過去問研究
  • 10月~ 模擬試験、語彙力の強化(例文の和訳など)

学習プランは、受験日までの時間帯効果を最大限に発揮できるものでないといけません。
自分のやるべきことが整理できない、計画に自信がない、計画通りに勉強できないという方は、予備校などで個別に計画を立ててもらう方法もあります。

 
大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】