大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】
HOME » 大学受験の英語対策お悩み相談室

大学受験の英語対策お悩み相談室

「高2、高3から始めたのでは遅い?」、「部活との両立は無理?」など、大学受験の英語対策に関するさまざまなお悩みに応えています。

悩み多き受験勉強の悩みにお応えします

受験勉強のお悩み相談室「いつから英語の受験勉強を始めたらいいの?」という声を多く聞きますが、基礎固めが重要な英語は、高1、高2からじっくり取り組むのが理想です。

この時期に基礎をしっかり固めておくと、3年生の時に実力差となって表れます。高1だと受験というムードはまだありませんが、長期的な視野を持って、数年単位で学習計画を立てておきたいものです。

そして、「どんなに頑張っても英語が伸びない」という悩みを持つ方の中には、基礎の基礎をおろそかにしているケースが実に多いのです。

大学受験の英語の成績を決めるのは、配点が約8割と言われる長文読解。しかし長文の解釈は基礎中の基礎である文法力と、単語・熟語の知識が必須です。基礎ができていないのにやみくもに長文にトライするのは、時間の無駄とも言えます。

単語・熟語、文法・構文、長文読解、英作文などの総合力をそれぞれ鍛えていく地道な努力がとても大事なのです。

しかし、これらのアドバイスはすべて「自分のレベルを把握している」ことが前提となります。自分で自分の実力を把握することは、意外と難しいものです。

予備校では、一人ひとりの進捗度に合った学習プランを立てて、丁寧に指導してくれるので、計画的に学習を進めるのが苦手な人には利用価値があります。

予備校の中には、受験勉強のスタートが遅れている生徒に短期集中型の学習システムを実施しているところもあります。上手に利用すれば、遅れを一気に取り戻すことも可能です。

文系理系関係なく大学受験の鍵となる英語。その点数は合否に直結すると言っても過言ではありません。受験勉強は少しの時間も無駄にできません。効率よく成績を伸ばすために、予備校も積極的に利用してみましょう。


 

 
大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】