大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】
HOME » 大学受験の英語対策お悩み相談室 » 基礎の復習はしなくて大丈夫?

基礎の復習はしなくて大丈夫?

受験対策の英語学習で基礎の復習が欠かせない理由を解説。英語の基礎固めに最適な予備校も紹介しています。

大学受験の英語対策がうまくいかない理由は基礎力にあり

「どんなに頑張っても英語の成績が伸びない」。という人の中には、基礎の基礎を忘れているケースも多く見られます。大学受験の英語では、文法力と単語・熟語の基本がわかっていることがとても重要なのです。

例えば文法力は英語力の根底となるものです。最低でもセンター試験レベルの長文を読めるレベルまでの文法を身に付けておかないといけません。

そして文章を正確に読むには、単語・熟語の知識も欠かせません。センター試験レベルでも、単語や熟語を最低3000語の暗記が必要です。

文法や単語・熟語を中途半端にしか勉強せず、がむしゃらに長文に挑んでも効果が期待できません。効率よく勉強するためにも、まずは基礎固めからスタートしましょう。

基礎力アップで評判の予備校

基礎を確実に固めていきたいなら、学習プランをプロが組んでくれる予備校もおすすめです。一人ひとりに欠けている基礎を把握して最適な勉強法を提案してくれます。

ここでは学習プランの悩みに応えてくれる予備校をピックアップしてみました。

大学受験英語の基礎学習で頼れる予備校

【河合塾】
河合塾
気軽に受験の悩みを相談できるチューターが各クラスに配置されています。成績やスケジュールの管理、進路相談など個別にアドバイスしてくれます。
【みすず学苑】
みすず学苑
担任の講師が学習の進捗度をマンツーマンで指導する「カレッジタイム」が毎週設けられています。
生徒一人ひとりに欠けている基礎力を確認し、強化するための1週間の学習プランをプロの視点で提案してくれます。
 
大学受験で勝ちにいく勉強法NAVI【英語編】